voice

渋谷ワークプレイスの“福利厚生施設”、31カフェ♡美味しい社食のひみつとは…。

トリドール渋谷ワークプレイスでは、ABW(アクティブ・ベースド・ワーク)を取り入れた多様な働き方や、デザイン性の高いオフィス環境を導入しています。
そしてそんな渋谷ワークプレイスの中心にあるのが、そう、“31カフェ”です。
こちらは従業員に向けた福利厚生施設で、美味しくてボリューミーなランチがお得な値段で販売されています。
今回は31カフェについて紹介していきます!

31カフェより
*新型コロナウイルス対応策について
以前はブッフェ形式での販売スタイルでしたが、新型コロナウイルス感染予防策として現在はお弁当での販売を行っています。
また、ソーシャルディスタンスと、利用者のアルコール消毒、検温を徹底しています。

① 利用前のアルコール消毒の徹底


② カフェ利用者の検温の徹底


③ ソーシャルディスタンス

市場価格の30%OFF?

現在の31カフェでは、500円のワンコインでお弁当スタイルでの提供となっていますが、実は市場価格の30%OFFを想定し、販売されています。
食べたことのある人はそれも納得、かなりのボリューム感なんです。


以前販売されたバインミーですが、大きすぎて重すぎて(本当に重かったんですよ!)、こちらを購入した男性社員は半分に切って周りの社員におすそ分けしていたほど(笑)

味は言わずもがな、美味しいの一択です。

カレーやサンドウィッチなど女子ウケメニューもありますが、時には肉々しいメニューも…!

すごいボリュームですよね!午後に向けてパワー注入したいときにおすすめです!

他にも和食や中華、お蕎麦や冷麺など、バラエティ豊富なラインナップ。
毎日メニューが変わるので、お昼が楽しみになりますよね。
しかも、サラダとスープがついて500円なのですごくお得。不足しがちな野菜もちゃんと摂れるのが嬉しいです!

ちなみにランチメニューは社内のコミュニケーションツールで、11:30頃に配信されます。
その内容を見て、同僚と“今日は何にする?”なんて会話が飛び交っている様子や、並びながら他部署の方々と交流している姿を見ると、外食企業らしくて嬉しくなります。
食を通してのコミュニケーションって素敵ですよね。

ランチの材料には、自社の業態で使用している食材なども利用しているため原価率が低減できているんです。
渋谷の道玄坂という立地だと、ランチセットは1,000円前後となるので、そう考えると31カフェはかなりお得ですね!

 

疲れた午後に嬉しいおやつも…♡

また、31カフェの魅力はランチだけではないんです。
なんと、お昼過ぎ、15:00頃にはおやつの用意もしてくださるんです。

街場のカフェかと思うほどのクオリティ。。♡ときめきが溢れ出て止まりません。


実はこのマラサダも、トリドールの業態、コナズ珈琲の材料を使用しています。
私も食べましたがかなり美味しくておすすめです。
疲れた脳にも嬉しいですね。

 

フレンチイベントも?不定期に開催されるイベントを見逃すな!

そして31カフェ、またしてもやってくれます。
不定期にイベントも開催しているんです!
最近の激アツだったイベントは、猪又シェフによるフレンチランチです。

目玉はなんといってもサーロイン・ロッシーニ!


サーロイン+フォアグラにトリュフソースという超豪華な内容で800円!

市場価格の30%offどころか70%offくらいな気が。。。
限定20食だったので、12:00前から並んでGETし、編集長もいただきました、ロッシーニ。

サーロインは、ほどよく柔らかく肉々しさもあり、フォアグラと合わせて食べたら絶品の美味しさでした。

ソースはビネガーも入っていて少し酸味のある感じが、全体をさっぱりと仕上げてくれていました。

31カフェのイベントですが、以前にも、元シェフだった社員による1日ゲストシェフイベントなども行っていました。
現在は新型コロナウイルスの影響で、大きなイベントはできませんが、新年会などの大きなイベントもここで行っています。
まだまだ使い方が無限大の31カフェ。グローバルフードカンパニーとして今後も様々な施策を行っていく予定です。

 

さいごに

味も値段も納得の31カフェ。いかがだったでしょうか?
31カフェは、福利厚生施設として、1食あたり約150円の運営補助が会社から支給されています。
こちらを使わない手はないですよね。
社員のみなさんは今後ともぜひご贔屓に♡