column

セトウツミ/小野正誉

前回は#Stayhome期間ということもあり、おすすめの10選を一気に紹介させていただきました。

また1本ずつじっくり紹介させていただきます。

今回は「セトウツミ」

 

ケンカも、部活も、壁ドンもなし・・・。喋るだけの異色の青春ムービー。

これは、人気漫画を実写映画化したもの。

原作は、関西弁の男子高校生2人が放課後にまったりとしゃべるだけというシンプルな内容で、2人の繰り広げるシニカルな会話劇の面白さで人気のコミック。

それを実写化して、72分の映画に仕上がっているのが凄いところ。

下手なバラエティー番組をみるよりはるかに笑えたし、ほっこりできたし、本当に面白かったです!

二人の高校生を演じているのは今をときめく池松壮亮と菅田将暉。

こんな高校生いるよな、と思わせるくらい完全に関西人になっていますし、間というか、感覚というか、本当に天才ですね。

「3月のライオン」や「宇宙兄弟」「町田くんの世界」など漫画を実写映画化したものにハズレはないのですが、どうしても映画ならではの演出をしているところがあります。

原作漫画のファンとしては、違った見方で楽しめるのですが、この「セトウツミ」はただただシンプルに二人が川辺でしゃべるだけ。

脚本と主演の二人が素晴らしいからこそ成り立った稀有な映画だと思います。

多くの方におススメしたい。特に関西人には超おススメの1本です。