2021年7月オープンを予定している丸亀製麺ロンドン一号店。
新型コロナウイルスの影響で出店の延期を余儀なくされましたが、ついにオープンも間近に!
(PRニュースはこちら!⇒ https://pdf.irpocket.com/C3397/TGuW/oL5g/Luws.pdf)
ロンドンと日本、双方が渡航できない中で、どのようにオープンに向けて進めてきたのか。
PMの本川さんに裏話を聞いてきました!
画像1: 丸亀製麺ロンドン1号店開店に向け、PMがついにロンドンへ渡航!出店までの裏話を聞いてきました!

本川 功平/海外営業部
2010年入社。丸亀製麺で店長、MGR、CMGRを経験。その後教育部門に異動し、新卒中途社員の教育に従事。
2020年7月現在の担当業務である海外営業部に配属。UK丸亀の担当としてオープン準備を行う。

画像1: 古里 栞

古里 栞

本来であれば2021年3月オープン予定だったので、延期を余儀なくなれながらも、満を持してって感じですね。双方が行き来できない中でも、開店に向けた動きは十分にできたのでしょうか?

画像1: 本川 功平

本川 功平

難しかったですね。やっぱり店舗を見ないことには、話し合いがスムーズにいかないことが多かったんですよね。本来であればロンドンのメンバーが日本の丸亀製麺はもちろん、讃岐の本場のお店などを回る予定だったのがすべてできなくなってしまったので。
お互いが同じ光景を頭にイメージして話すのと、そうでないのとではこちらの伝えたいことの理解度がやはり下がってしまいます。

画像2: 古里 栞

古里 栞

といいますと?

画像2: 本川 功平

本川 功平

例えば、製麺機を置く場所一つにしても、私たちは入口を入った瞬間に製麺している姿を目の前でお客様に見せて、手づくり・できたてのエンターテイメント性を重視したい。でも店舗を見たことがないと、言葉だけでは目の前でうどんを作っているあの迫力や感動が伝わりづらいんです。

画像3: 古里 栞

古里 栞

なるほど。ではどうやってそのあたりの目線を合わせたのですか?

画像3: 本川 功平

本川 功平

方法は2通りで、一つはやはり実際の店舗を見ること。2つ目は、360度カメラのVRを活用するといった方法でした。

画像4: 古里 栞

古里 栞

なるほど。でも…、店舗は渡航できないと見れないのですよね?

画像4: 本川 功平

本川 功平

それが可能な方法を見つけたんです。

カンボジアと台湾であれば、イギリスと日本の双方が渡航でき、かつ丸亀製麺がある。

画像5: 古里 栞

古里 栞

おお。丸亀製麺の総合力の強さが垣間見えました。

画像5: 本川 功平

本川 功平

そうなんですよ。本当にそこはワールドワイドに展開している強みを感じました。
当時カンボジアは感染が拡大していたので、収束しつつある台湾で、現地の久田社長ご協力のもと実施が決まりました。

画像6: 古里 栞

古里 栞

異例ですね。

画像6: 本川 功平

本川 功平

本当に。ロンドンに店を開けるのに、「じゃあ台湾集合で」ってあまりないですよね(笑)

画像7: 古里 栞

古里 栞

実際に店舗で研修を行う前と後では大きな違いはありましたか?

画像7: 本川 功平

本川 功平

めちゃくちゃ違いました。
たった2週間の現地での研修でしたが、私たちのこだわりに対して理解して応えてくださるようになり以前のような認識のズレはなくなりました。
また、海外食品安全課の梅谷さんに同行して頂き店舗づくりの土台となるフードセーフティの目線合わせもできました。台湾で研修ができて本当によかったと感じました。

画像8: 古里 栞

古里 栞

もう一方の方法のVR研修も気になるのですが、どういったものだったんでしょう?

画像8: 本川 功平

本川 功平

すごいですよ、VR。
実際に店舗で360度カメラをつけて営業してもらい、その映像を研修に使用するのですが、リアリティがあって、本当に厨房の中にいるような感覚がありました。

画像9: 古里 栞

古里 栞

すごいですね。

画像9: 本川 功平

本川 功平

これは、業務企画のチームが作ってくださったんです。国内の営業部にご協力を頂き、丸亀製麺のシンクパーク店と川崎子母口店の厨房で撮影をさせて頂きました。こちらの意図で動くことはできないにしろ、キッチンの中にいる目線なので、横を向けば製麺、振り返れば入り口からお客様が来店されている映像が見えて本当にリアルです。丸亀製麺のあの雰囲気を感じるには十分でした。

画像10: 古里 栞

古里 栞

コロナでできることが制限される中で、開店に向けここまでこだわっているのはプロフェッショナル精神を感じますね。
ロンドンと日本だけでなく、他国のメンバーからの協力も大きかったんですよね?

画像10: 本川 功平

本川 功平

はい。海外事業本部の営業支援課の東山さんがマレーシアに赴任中なんですが、マレーシアチームとしてオープンに向けての必要なことの洗い出しや準備周りを協力してくださいました。

画像11: 古里 栞

古里 栞

OPに力を入れたい中で、その動きはけっこう大きいですね。

画像11: 本川 功平

本川 功平

本当に助かりました。他にもVRを作ってくれた業務企画課のリーダーはカンボジアにいる好浦さんなのですが、課をあげてオープンに向けて様々協力してくださいました。

画像12: 古里 栞

古里 栞

チーム一丸という感じですね。

画像12: 本川 功平

本川 功平

すごいですよね。組織力の強さを感じました。

画像13: 古里 栞

古里 栞

ロンドンはもうお店自体は出来ているんでしたっけ?

画像13: 本川 功平

本川 功平

まだこれからです。なので渡航したらまずはショールームのような場所を借りて、製麺機などを置き、そこでOP研修を行います。店長も8名の採用が決まっているので、オープンに向けとことんOPの研修を行う感じですね。

画像14: 古里 栞

古里 栞

研修は本川さん主導で行われたんでしょうか?

画像14: 本川 功平

本川 功平

現地スタッフへのOP研修は私一人では手が回らないので、国内の営業部のお力をお借りしています。新店立ち上げメンバーとして営業部から公募を行っており、現在はメンバーも決定して準備を進めている段階です。

画像15: 古里 栞

古里 栞

国内のメンバーの協力があるのは有難いですね。ロンドンはビーガンメニューもあるので従来のOPと違ってきていますよね。

画像15: 本川 功平

本川 功平

そうですね。出汁は通常の出汁と、ビーガン向けの野菜出汁の二種類の仕込みがありますし、フライヤーも通常用のものとビーガン用のものと2つに増えます。

画像16: 古里 栞

古里 栞

お肉・お魚と揚げる場所を分けるんですね?

画像16: 本川 功平

本川 功平

そうなんです。そのため、OPは従来のものとは少し違ってきていますね。

画像17: 古里 栞

古里 栞

OPを教えていく上でコミュニケーションは問題ないですか?

画像17: 本川 功平

本川 功平

どうでしょう(笑)。普段は自信なさげに「Hello」って言ってますが、営業に入ってしまえばもうこっちの土俵なんで自信満々にやってますよ(笑)。

画像18: 古里 栞

古里 栞

(笑)。でも実際に、同じ作業をしていて、今何をしようとしてるかっていう目線は合ってますもんね。

画像18: 本川 功平

本川 功平

そうですね。お互い言わんとしていることはわかるので、思っていた以上にしっかりコミュニケーションは取れていると感じています。

画像19: 古里 栞

古里 栞

少し話は変わりますが、ビーガンメニューって日本でも増えてきているので私もたまに食べるのですが、正直あまり美味しいと感じないというか、物足りないというか。

画像19: 本川 功平

本川 功平

わかります。ビーガン当事者でもそういった認識はあるようです。

画像20: 古里 栞

古里 栞

ビーガン向けメニューは、丸亀らしさも残っているのか、それともまったく別物なんでしょうか?野菜出汁の丸亀製麺ってあまり想像できないです。

画像20: 本川 功平

本川 功平

そうですね。やはり最初はビーガンメニュー特有の青臭さみたいなものはありました。
でも、それだと丸亀製麺らしさとは少しかけ離れるんですよね。そのため深みや旨味を出す工夫など、商品開発の玉谷さんの力を借りて何度も試行錯誤を重ねました。
そういった意味では、丸亀製麺らしさに近づけるようなメニューになってます。

画像21: 古里 栞

古里 栞

うわー。食べてみたいな。今後も改良は重ねていく予定ですか?

画像21: 本川 功平

本川 功平

そうですね。どういった具材が合うかとか、バリュエーションはもっと増やしたいなと考えています。やはりUKでヒット商品を出したいですね。

画像22: 古里 栞

古里 栞

ビーガンメニューの需要は大きいのでしょうか?

画像22: 本川 功平

本川 功平

ビーガン自体は、UKの人口に対して2パーセントで少ないのですが、年々増加傾向にはあります。
(出典:日本貿易振興機構(ジェトロ)
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2021/3e2ee518305df3f0/rp202103vege.pdf
それに、一人でもビーガンの仲間がいると、食事する場所はビーガンメニューがあるお店が選ばれやすいので。選択肢の中に丸亀製麺が上がるといいですね。

画像23: 古里 栞

古里 栞

UKでの今後の展開が楽しみですね。

画像23: 本川 功平

本川 功平

ビーガンメニュー併設という新たな取り組みがグローバルフードカンパニーに向け、重要になってくると思います。

画像24: 古里 栞

古里 栞

より多くの国に展開していくことを想像するとワクワクしますね。

本川さん、気を付けていってらっしゃいませ!

画像2: 丸亀製麺ロンドン1号店開店に向け、PMがついにロンドンへ渡航!出店までの裏話を聞いてきました!

チーム一丸となって、今夏オープンに向け本格始動したロンドン一号店。
公募メンバーのUKでの活躍も今後追っていきたいと思います!

This article is a sponsored article by
''.