トリドールホールディングスは、時代とともに変化するお客様のニーズや社会課題に対し、従業員一人ひとりが主体となって向き合えるよう、ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けた様々な活動をしており、その一環としてLGBTQに関わる取り組みを推進しています。

昨年4月より公募メンバーによるPJが立ち上がり、ハード面の整備や啓発活動など、Work PRIDE
指標*への取り組みを中心に活動を広げています。(*PRIDE指標…Work With PRIDEが掲げる取り組みの指標)

先日は、トリドールのダイバーシティを考える第一歩として、経営陣や上層部へのダイバーシティセミナーを実施しました。

リモートと会場型のハイブリッドでの実施で、総勢70名程の参加があり、ディスカッションも盛り上がりました。

今回セミナー講師をしてくださったのは、株式会社JobRainbow代表取締役の星賢人さん。

画像: 株式会社JobRainbow 代表取締役 星 賢人 1993年生まれ。22才で東京大学大学院在学中に起業。数々のビジネスコンテストにて優勝、フォーブスが選ぶアジアで最も影響のある若者30人(Forbes 30 under 30)の社会起業家部門に日本人として唯一選出。ソフトバンクの孫正義が直々に選出した孫正義育英財団の財団生としても選出。若手起業家として、国内・海外のテレビやマスメディアなどでも注目を集めている。

株式会社JobRainbow
代表取締役 星 賢人
1993年生まれ。22才で東京大学大学院在学中に起業。数々のビジネスコンテストにて優勝、フォーブスが選ぶアジアで最も影響のある若者30人(Forbes 30 under 30)の社会起業家部門に日本人として唯一選出。ソフトバンクの孫正義が直々に選出した孫正義育英財団の財団生としても選出。若手起業家として、国内・海外のテレビやマスメディアなどでも注目を集めている。

多様性を尊重する職場づくりをテーマに、ダイバーシティの定義、トリドールが目指すインクルージョンの状態まで整理しながらセミナーを進めていただきました。

これまでもトリドールでは、渋谷区が推進する人種や障害の有無などに捉われず尊重しあえる共生社会を目指す「しぶやレインボー宣言」に参画し、本社オフィスに POP を掲示するほか、オウンドメディア「and toridoll」(https://and.toridoll.com/)にて、「セクシュアリティ」「アライ」「SOGI ハラ」「アウティング」などをテーマに記事を掲載するなど、社内外での発信を強化してきました。

また、最近では、グループ従業員向けに LGBTQ に関する相談窓口を開設し、今後はさらに、同性パートナーシップ制度の導入やオールジェンダー表示のトイレ設置実施も検討しております。

多様性の尊重は意識の問題ですが、正しい知識がなくては意識も高まりません。

今までの当たり前を少しでも変えていけるようにするには、これまで以上に社員一人一人が正しい知識を常に更新し続け、意識を持ち続けることが重要になってきます。

今後もトリドールでは継続して社内セミナーを実施していきます。

セミナーを実施してくださったJobRainbowさん!ありがとうございました!

画像: (写真左から:JobRainbowの大嶋悠生さん、星賢人さん、トリドールダイバーシティ&インクルージョン推進リーダー前辻)

(写真左から:JobRainbowの大嶋悠生さん、星賢人さん、トリドールダイバーシティ&インクルージョン推進リーダー前辻)

画像: 企業の多様性を考える。JobRainbowさんによるダイバーシティセミナーを実施しました!

This article is a sponsored article by
''.