画像1: PJの裏側すべて見せます!丸亀20周年あれこれDiary

沼波 真由夏

7月1日に本格的に始動した丸亀製麺20周年企画。
前回、プロジェクトリーダー3名にお話を伺い20周年にかける想いを伝えてもらいました。
今回は、同企画のメンバーでもあるライターの私が経験したスタートまでの道のりと、メンバーの紹介も併せてご紹介したいと思います。

1.成長日記

『初めてのミーティング開催!』
『激アツ!!小田原合宿へ参加!』
『やった!!山口社長へのプレゼン大会!』
『みんな緊張!粟田社長へのプレゼン大会!』
『お披露目!ブランドカンファレンス』
『なんで、、、こんな時期に。』

2.PJメンバー紹介

『初めてのミーティング開催!』

2019年11月11日(月)@渋谷本社

画像2: PJの裏側すべて見せます!丸亀20周年あれこれDiary

この日は、10月に公募があり、選考された16名のメンバーが初めて集合しました。翌年の企画スタートに向けて“お客様向け”“従業員向け”の2チームに分かれて走り出しました。

まずは、テーマを決めるために集合した初日から各チームの協議がスタートしました。

『激アツ!!小田原合宿へ参加!』

2019.12.11(水)~12.12(木)@小田原

画像: 『激アツ!!小田原合宿へ参加!』

チーム編成されてから1か月後、小田原に集まって1泊2日の合宿をしました。この合宿では、1月に山口社長へ向けたプレゼンの準備を各チームで進めていきました。どういう目的で何を実施するのか、話し合いは夜遅くまで続きました。

この合宿を通して、今まで関わることのなかった人たちと腹を割って話し合うことができたからこそ距離が縮まったのだと思います。

『やった!!山口社長へのプレゼン大会!』

2020.01.14(火)~01.15(水)@渋谷本社

画像: 『やった!!山口社長へのプレゼン大会!』

合宿から1か月後、遂に山口社長へのプレゼンの日を迎えました。この日は鳶本執行役員もプレゼンの評価者として参加してくださり、この日まで遠隔でMTGなどを重ねて準備してきたものを発表することができました。

5個の評価項目によって審査され、なんと従業員向けのテーマに関しては私たちのチームが考えたものが採用されました!!今まで考えてきたことが評価され、私たちが考えたものが企画のテーマとして進んでいくことがすごく嬉しかったです。
テーマが決定してからは、従業員向け・お客様向けにチームが再編成され、各々が発案した企画をもとに、粟田社長のプレゼンに向けて準備をスタートさせました。

『みんな緊張!粟田社長へのプレゼン大会!』

2020.02.06(木)~02.07(金)@渋谷本社

画像1: 『みんな緊張!粟田社長へのプレゼン大会!』

1か月経った2月中旬、粟田社長へのプレゼンの日を迎えました。プレゼン前にメンバー全員で士気を高めてプレゼンに挑みました。ここまで4か月間、全員で作り上げてきたものを発表できるということで全員意気込んでいました。

画像2: 『みんな緊張!粟田社長へのプレゼン大会!』
画像3: 『みんな緊張!粟田社長へのプレゼン大会!』
画像4: 『みんな緊張!粟田社長へのプレゼン大会!』
画像5: 『みんな緊張!粟田社長へのプレゼン大会!』

遂に始まったプレゼン。丸亀20周年を機に「従業員の皆さんに喜んでもらいたい」「お客様に楽しんでもらいたい」というメンバーの気持ちが前面に出せたと思います。

プレゼンも「ヒトの心を動かせる人」「チャレンジ精神がある人」が行い、社歴や経験に関係なく“チャレンジできる会社だな”とこの時改めて感じました。

画像6: 『みんな緊張!粟田社長へのプレゼン大会!』

プレゼンが終了し全員で撮った写真、みんなすごく良い笑顔をしています。「ここがゴールではなく、ここからがスタート」と全員で気合を入れ直し、次は企画の実行に向けて走り出しました。

『お披露目!ブランドカンファレンス』

2020.02.14(金)@ホテルオオクラ神戸

画像: 『お披露目!ブランドカンファレンス』

粟田社長に向けたプレゼンの1週間後、丸亀製麺のブランドカンファレンスが実施されていた場所にお邪魔し、500名近い参加者の前で20周年企画の発表を実施しました。「どうすれば20周年企画を良いと思ってもらえるか」を考えて発表の内容を考えて臨みました。

プロジェクトメンバーの同期と2人で会場をどう盛り上げるかを考え、“ありがとうカード”企画(詳しくは、後述)の体験をしてもらい、会場全体がありがとうと笑顔で溢れていました。

『なんで、、、こんな時期に。』

2020.03某日

そんな矢先、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い外出自粛などの制限があり、ここまで考えてきた企画をすべて見つめ直すことになりました。この状況で従業員やお客様に安心安全で楽しんでもらえるものは一体何なのかについて、集まれない中、遠隔で協議を重ね進めてきました。

その結果、20周年が元気の旗印、ワンチームとなって明るく進めていこうというコンセプトに決まり、考えた企画が今進んでいるものです。

画像3: PJの裏側すべて見せます!丸亀20周年あれこれDiary

沼波 真由夏

ではここからは、同プロジェクトに参加しているメンバーを紹介していきます。このプロジェクトは専門部門のみが集まって進めていくものではなく、色んな部署の人が集まって垣根を越えて20周年のために互いに協力しあいながら進めています。

画像1: 『なんで、、、こんな時期に。』
画像2: 『なんで、、、こんな時期に。』

写真の16名が参加するメンバーです。所属は、店長、MGR、CMGR、マーケティング部、採用、組織開発部、立地開発部、新規事業部など様々です。このプロジェクトを通して様々な部門の方と繋がりができ、人脈が広がりました。自分の所属する部署だけではなく、コミュニケーションが取れるようになり、今の業務にもすごく良い影響があります。

こんな企画が絶賛進行中!!

6月中旬に従業員向け企画、7月1日にお客様向け企画がスタートしました。従業員向けに進んでいる企画は以下の3つ。働いてもらっている従業員の方の家計をサポートするための“みんな割”、ありがとうを伝え合っている文化を作る“ありがとうカード”、少しでも気持ちを明るくするための”チャレンジリレー“です。働いてもらっている従業員の方が「丸亀製麺で働いていてよかった」と思ってもらえるような企画を考えて進めています。
お客様向けとしては、過去の人気商品を投票し1位に輝いたものを復刻するという“うどん総選挙”という企画が進んでいます。懐かしい商品や食べてみたい商品などに投票して一緒に楽しんでいただけたらと思います。

画像4: PJの裏側すべて見せます!丸亀20周年あれこれDiary

沼波 真由夏

今回は20周年企画がスタートするまでの裏側にフォーカスをしてお伝えしてきましたが、ここからは従業員の皆さん・丸亀製麺を利用してくださっているお客様と一緒に丸亀20周年を作り上げていきたいと思っています。丸亀製麺の誕生月である11月に最高のフィナーレが飾れるように一緒に盛り上がってください!!!

画像5: PJの裏側すべて見せます!丸亀20周年あれこれDiary

執筆/編集沼波 真由夏

2018年新卒入社。 丸亀製麺に配属され、新店立ち上げ・複数店舗の統括店長経験後、教育センターへ異動し現在は組織開発部に在籍。丸亀製麺20周年企画をはじめ、店長経験を活かして営業部と関わる業務を担当。「読みたい!」と思ってもらえる情報をたくさん発信していきます!

沼波真由夏の記事一覧

This article is a sponsored article by
''.