言葉は“思い”を一緒に運ぶもの。

本当に感動したり、安心したり、嬉しい時、「言葉はいらない」というのは、その“思い”が大きすぎて、それだけで十分という時。

でも、そんな時ばかりではありませんよね。

“思い”を伝えるとき、言葉は欠かせません。

ただ、「好き」という言葉でも

好きで好きでたまらない気持ちをうまく表現できなかったり、

「そんなつもりで言ったわけじゃないのに」という言葉が、とげを持ち、相手を深く傷つけてしまったり。

言葉を扱うのは、本当に難しい。

うつくしいことば

傷つけることば

愛のことば

たのしいことば

かなしいことば ・・・

そんな言葉を色とりどりの絵と共に表現しているのが、今回ご紹介する「ことばのかたち」。

「わたしが話すことばは

どんなかたちや色をしているのだろうか」

こんな問いかけをご自身に投げかけてみてください。

日頃何気なく使っている言葉のことを、少し考えるきっかけになればと思います。

是非、お手にとってみてください。

画像: ことばのかたち/小野正誉

執筆/編集小野 正誉

編集局/2011年入社 経営企画室に配属 IR担当。2013年から社長秘書。会社員として仕事をする傍ら、心理カウンセラー、コーチの資格を取得 2016年には初の書籍「メモで未来を変える技術」、2018年には「丸亀製麺は、なぜNo.1になれたのか?」を上梓。同書は、各メディアに取り上げられ、海外版も出版される。他、書籍に「丸亀製麺に学んだ 超実直!史上最高の自分のつくりかた」がある。 最近は、各地でワークショップや講演を行うなど精力的に活動している。

小野正誉が書いた記事一覧

This article is a sponsored article by
''.